入管業務

入管業務

高度な専門知識を持つビザ申請のプロが対応します!

近年外国人を雇用する企業が増えている傾向にあり、それに伴いビザの申請も増えています。
入国管理局に申請する書類には、添付書類が多数あり入国管理局のウェブサイトに記載されていないものもあります。そのため、申請人本人が申請すると不許可となるものでも、専門家に依頼することによって許可となる場合もあります。
また、許可を受けた後でも、入管法等の法令に違反しないための知識が必要になるため、申請の前後では専門家への相談が必要になってきます。

福岡ビザ相談センターは、ビザ申請のプロ!
入国管理局に認められた外国人在留支援の専門家が運営しています。
ビザについての相談は、申請取次行政書士の資格を有し多種の専門知識を持っている専門家が対応します。
ビザのお悩みを1度の面談で全て解消できます。

専門の行政書士が対応!!

ビザ関係の専門家は「申請取次を業務を行うきことができる弁護士・行政書士」です。当センターでは、申請取次行政書士が対応いたします。当センターへご依頼いただくと申請人本人の入国管理局への出頭が不要になります。

迅速なサポート!!

専門の行政書士が、申請に出向くため、外国人は入国管理局に行く必要はありません。
ご依頼から申請まで素早く対応します。

無料相談!!

福岡ビザ相談センターの理念は「外国人への徹底したサポートを通じて、地域産業のグローバル化を手助けすること」です。
そのために無料相談を行い、少しでも地域社会に貢献できればと考えています。

在留資格一覧

日本に在留する場合には在留資格が必要になります。
在留資格の種類によっては日本で働くことができませんので注意が必要です。

外国人が行おうとする活動が、入管法別表第一に掲げる在留資格については同表の下欄に掲げる活動、入管法別表第二に掲げる在留資格については同表の下欄に掲げる身分又は地位を有する者としての活動であることが必要となります。
詳しくは、入国管理局の在留資格一覧をご覧ください。

許可事例と不許可事例をまとめたページもご覧ください。

日本への帰化

日本人と結婚しても日本国籍を取得するわけではありません。
日本国籍を取得するためには、外国人が帰化申請をする必要があります。
過去5年間の統計によると、毎年約10000人の外国人が帰化申請により日本国籍を取得しています。
帰化するためには、様々な条件を満たしている必要があります。
細かい条件や手続き方法などについてはこちらのページをご覧ください。

PAGE TOP