永住

日本に長く住んでいる方から相談を受けることがあります。
そろそろ永住できるかな?日本にずっと住んでいたいけどビザの更新どうにかならない?
このようなお悩みを解決できるよう申請要件をまとめてみました。

<永住のメリット>

・ビザの更新手続きが不要
就労ビザなどであれば、期限が近くなると更新する必要がありましたが、永住者となれば更新は不要になります。
・活動に制限がない
在留資格の範囲内でしか働くことができませんでしたが、自由に仕事を選ぶことができるようになります。
・国籍はそのまま
国によっては、帰化してしまうと国籍を戻すことが難しくなる場合があります。永住の場合は、母国の国籍を維持することができます。

<永住の要件>

永住申請をするためには3つの要件があります。
①真面目に生活していること

    • 法律に違反して、懲役刑や罰金刑などがないこと。
    • 日常生活や社会生活において、素行不良でないこと。

などがあります。

②将来もしっかりと生活していけること

    • 年収が低い(目安は年収300万円未満)
    • 生活保護を受給している

上記に当てはまる場合は難しいかもしれません。

③長く日本に住んでいる。税金も払っている。悪いことはしていない。

    • 原則として、継続して10年以上日本に在留していること。この期間のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していること。
    • 罰金刑や懲役刑等を受けていないこと。
    • 納税義務等公的義務を履行していること。
    • 現在の在留資格が、最長の在留期間をもって在留していること。
    • 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

<要件の特例>

以下の場合は、原則10年間の在留について特例として短縮措置が取られます。

    • 日本人、永住者及び特別永住者の配偶者の場合、実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ、引き続き1年以上日本に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること
    • 定住者」の在留資格で5年以上継続して日本に在留していること
    • 難民の認定を受けた者の場合、認定後5年以上継続して日本に在留していること
    • 外交、社会、経済、文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で、5年以上日本に在留していること

詳しくは法務省ウェブサイトをご覧ください。

補助金情報

PAGE TOP