土地に関する測量・登記

土地に関する測量・登記には以下のようなものがあります。

基礎調査

境界標の位置や種類等を調査します。

業務の流れ

役所に保管されている資料等をもとに調査します

費用

3万円~
※土地の広さや目的用途により変動します。

現況測量

隣地や役所との立会をしないで、現在の土地の広さや前面道路の広さ等を測量します。

業務の流れ

1.基礎調査
2.測量調査
現地で調査・測量します
3.成果物の引渡し
現況測量図を作成しお渡しいたします

費用

基礎調査+5万円~
※土地の広さや目的用途により変動します。

境界確定測量

境界とはお隣との土地の境目のことを言います。
土地をいくつかに分割する土地分筆登記や不動産の売却のための準備として境界確定測量を行い、境界確定図を作成することになります。
一例としては、
・お隣との境界をはっきりさせる
・土地の正しい面積が知りたい
・分筆登記をしたい
などです。

境界確定をして、隣接地の方と境界確認書を交わすことによって将来のトラブルをさけることができます。

業務の流れ

1.基礎調査
2.測量調査
現地で調査・測量し、仮の杭や鋲などを設置します
3.立会
管轄の役所や隣接者に現地で境界を確認していただきます
4.境界標の設置、確認書署名押印など
立会がスムーズに終わると、境界標を設置し、確認書に立会人の署名押印をしていただきます

費用

30万円~
※土地の広さ、隣接者の人数などによって変動します。

土地分筆登記

土地の一部を売却する場合や相続により土地を分割する場合などが該当します。

業務の流れ

境界確定測量が終わった後に法務局へ申請しますので、流れはほぼ同じです。

費用

境界確定測量+5万円~

土地地積更正登記

境界確定測量や分筆を行うと、地積(土地の面積)が増えたり減ったりしているときがあります。昔の測量と比べてかなり測量技術が発展したため、増減することが多々あります。

業務の流れ

境界確定測量が終わった後に法務局へ申請しますので、流れはほぼ同じです。

費用

境界確定測量+5万円~

土地合筆登記

いくつかの土地を一つにまとめる登記申請のことです。

業務の流れ

1.資料調査・現地調査
役所に保管されている資料等をもとに調査します。
以下のような土地は合筆をすることができませんので、綿密な調査が必要になります。
・互いに接続していない土地
・地目が異っている土地
・地番区域が異なる土地
・所有者が異なる土地
・所有者の持分が異なる土地
・所有権の登記がない土地と所有権の登記がある土地
・所有権の登記以外の権利に関する登記がある土地
2.法務局へ申請

費用

5万円~

土地地目変更登記

山林として登記されている土地に家を建てた場合は、土地の現況が山林から宅地に変わるため、地目を変更する必要があります。他にも、山林や田を雑種地や宅地に変更するような場合も登記申請が必要です。

業務の流れ

1.資料調査・現地調査
役所に保管されている資料等をもとに調査します。
土地がどのように利用されているかを現地で確認し、適切な地目を判断します。
2.法務局へ申請

費用

5万円~

その他

他にも、公有水面埋立による土地表題登記などもありますが、圧倒的に保管の事案より少ないため割愛させていただきます。

PAGE TOP