持続化給付金の支援対象者が拡大されます

支援対象者拡大

現在の持続化給付金の支援対象者は2019年以前から営業しており、事業収入で確定申告をしている者となっています。
そのため、2020年に創業した方や雑所得・給与所得で確定申告を行った方については支援対象外となっていました。

支援対象者

今回拡大した支援対象者は以下の通りです。
①主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者
②2020年1月~3月の間に創業した企業・個人事業者
※いままでと同様に、性風俗関連特殊営業、接客業務受託営業及び宗教組織等は対象外となります。

給付金の額

最大で、法人200万円、個人100万円

申請開始日

6/29から

申請方法

オンライン申請、全国にある申請サポート会場

ガイダンス

こちらの経済産業省のページの後半にある令和2年6月29日以降をご覧ください。

ガイダンスにも記載されていますが、必要書類が多岐にわたり非常に面倒だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
申請サポートをご希望の方はメールでご連絡くださいませ。

関連記事

  1. 持続化給付金
  2. 持続化給付金のよくある質問
  3. 持続化給付金の内容不備について
  4. 家賃支援給付金の詳細(法人向け)
  5. 持続化給付金!不備とならないためには
  6. 家賃支援給付金の特例(法人向け)
  7. 家賃支援給付金の特例(個人向け)
  8. 家賃支援給付金の詳細(個人向け)

補助金情報

PAGE TOP